MT4にカスタムインジケーターを導入する方法

MT4にネット上でダウンロードしたカスタムインジケーターを導入する方法について解説します。

この記事を読むと・・・
  • MT4にカスタムインジケーターの導入方法が分かります。
  • 上手く導入できない時の対処方法が分かります。

ネコ侍
MT4を使い始めの方は必見です!

カスタムインジケーターとは?

MT4には下記のようなデフォルトで入っているインジケーターがあります。

  • Moving Average
  • Ichimoku Kinko Hyo
  • Bolinger Bands
  • RSI
  • Stochastics Oscillator

しかし、MT4が世界中でこれだけ普及している理由は他にあります。
それは、ネット上で第三者がプ作成した様々なインジケーターが使えるのです。

こちらは元々MT4に入っているインジケーターではないので、MT4内にインストールする必要があります。

インジケーターの中に、シグナルツールやサインツールなども含まれます。

このようなカスタムインジケーターは、MQL言語というメタトレーダー用のプログラミング言語を学べば、誰でも作成することができます。これがMT4が人気の理由です。

ネット上には、世界中のカスタムインジケーターをまとめているサイトが沢山あります。
一例として以下のサイトをお勧めします。
⇒MT4インディケーター貯蔵庫

ネコ侍
インジケーターを探すだけでも楽しいですよ。

MT4にカスタムインジケーターをインストールする方法

では、インジケーターをMT4にインストールしていきましょう。

インジケーターファイルは、.ex4もしくは.mq4の拡張子が付いているかどうか確認してください。

まず、メニューバーの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

 

データフォルダが出てきますので、その中の「MQL4」をクリックします。

 

次に「Indicators」をクリックします。

 

するとこのような画面になるので、この中にカスタムインジケーターを入れます。

デスクトップに保存しているインジケーターをドラック&ドロップで入れることができます。
またはファイルをコピーして入れることもできます。

フォルダ内に先程入れたインジケーターがしっかり入っていれば閉じてOKです。

MT4にインストールしたインジケーターをチャートに表示する

MT4上部の「表示」と「挿入」の下にあるファイルに星のマークついた「ナビゲーター」をクリックすると、MT4左側にインジケーターの一覧リストが表示されます。

カスタムインジケーターを入れた直後は、インジケーターがリスト内に入っていません。

そこで、ナビゲーター内にマウスのカーソルを持ってきて右クリックして「更新」をクリックします。更新すると、先程入れたインジケーターが入っています。

インジケーターが反映されない時は、MT4を再起動すると反映されます。

チャート上に入れたいインジケーターをクリックし、ドラック&ドロップでインジケーターを表示したいチャートに入れていきます。

インジケーターを入れると「パラメーターの入力」や「色の設定」など詳細が出てくるので、こちらを変更したい場合は設定を変更して、「OK」をクリックします。

これで完了です。

ネコ侍
慣れたらチャチャっと終わります。

最後に:MT4にインジケーターを入れる際の注意点

最後にMT4にカスタムインジケーターやシグナルツールをダウンロードする際の注意点を下記でまとめておきます。

  • zipファイルはMT4で反映されない
  • 反映されるのはex4かmq4の拡張子が付いたファイルのみ
  • インジケーターをフォルダに入れたのに、ナビゲーターに表示されない場合は右クリックで「更新」をクリックする
  • 「更新」をクリックしても表示されない場合は、MT4を再起動

カスタムインジケーターやシグナルツールなど入れることによって、より便利な相場分析が可能になります。

ご自身の好みに合わせてインジケーターを導入して、取引を有利に進めていきましょう。

おすすめの記事