国内のFX口座への入金は、主に銀行振込かネットバンキングのクイック入金を使っていると思います。

それに対して、海外FX口座の入金方法は、

・海外銀行送金(国内銀行送金対応業者もあり)
・クレジットカード入金
・決済代行サービス(PAYPAL・NETLLER・Webmoney・ビットコインなど)

など、いくつかの方法があります。

業者によっても違いますが、大まかな解説をしたいと思います。

海外FX口座への主な入金方法について

銀行送金(海外送金)で入金

日本国内のFX口座ではおなじみの銀行送金ですが、海外FX口座への銀行送金は海外送金となります。
(一部国内銀行送金やクイック入金に対応している業者もあります)

海外送金については金融機関によって異なるためネットバンキングから行える場合もあれば、窓口に行かなければならない場合もあります。

また海外送金の場合はどの金融機関でも手数料がかかり最低でも3000円くらいは取られます。
反映されるのにも数日かかったりします。

クレジットカードで入金

クレジットカードでの入金は最も簡単で、反映もスピーディーです。

管理画面からネットショッピングするのと同じようにFX口座へ入金できます。

またクレジットカード入金は手数料も無料という業者が多く、(口座通貨が円以外の場合は為替差損は発生します。)一番おすすめな入金方法です。

決済代行会社(PAYPAL・NETLLER・Webmoney・ビットコインなど)を利用して入金<

海外ではクレジットカードでネットショッピングをする際などにセキュリティの面から決済代行会社を仲介することがあります。

これらの決済代行会社はそれぞれ個別に契約して利用できます。契約したら、クレジットカードや銀行振込などでそれぞれの決済代行会社の自分の口座に入金し、そこからショッピングや振込などに使うという使用方法になります。

しかし間で仲介してもらう分、保証などもつきますが手数料も多少取られてしまいます。

海外FX業者もセキュリティはしっかりしているので直接クレジットカード入金でも大丈夫だとは思いますが、どうしても心配な人は使うと良いと思います。
(出金に関してはネッテラーが手数料が安くおすすめなので、ネッテラー口座は開設した方が良いと思います)

海外FX口座からの出金方法について

国内のFX口座から出金する場合は直接銀行口座へ手数料無料で出金できるところがほとんどだと思います。

海外FX口座の出金については、入金と同じように主に
・銀行送金(海外送金)
・クレジットカード出金(入金額分まで)
・決済代行サービスの利用(PAYPAL・NETLLER・Webmoney)
といった方法があります。

業者によって出金手続きは多少違い管理画面から申請するだけでOKな業者とFAXやメールなどが必要な業者とあります。

クレジットカードで入金した場合の出金方法

クレジットカード入金に関しては入金額まではカードに出金でき、それ以上(利益分)は銀行送金やその他決済代行サービスを使っての出金となります。

例えば30万振り込んで40万円に増やし、全額出金しようと言う場合、30万円はそのままクレジットカードへ出金され(利用分のキャンセル扱いとなります)利益10万円分はその他の出金方法を選び出金することになるわけです。

もしクレジットカードの引き落としが過ぎてからの出金であれば、翌月の請求額から30万円が減額されるか、翌月の請求額が30万円に満たなかった場合はクレジットカード会社から銀行口座に差額が振り込まれます。

この際の手数料は無料です。

銀行送金(海外送金)での出金

これは海外FX業者から海外の銀行を通して、自分の国内の銀行口座に振込をする海外送金ということになります。

銀行によって海外送金手数料は違いますが、手数料は最低数千円はかかりますのでやたらと出金すると利益が無駄になってしまいます。

また銀行送金(海外送金)で出金した場合、電話確認する銀行も多いですが、為替差損の利益と答えれば問題ありません。

出金の反映は、大体3営業日~5営業日ほどかかります。

決済代行会社(PAYPAL・NETLLER・Webmoney・ビットコイン)での出金

決済代行会社(PAYPAL・NETLLER・Webmoney)などへの出金は銀行出金よりも手数料が安い場合が多くおすすめです。

利益分の出金に関しては特にネッテラーは手数料が安く、デビットカードも発行できるので国内の銀行に戻さなくてもそのままネットバンキングのような形で利用することができ便利です。

また現金が必要なときにはゆうちょのATMから直接引き出すこともできます。

おすすめの記事