XMでマイナンバーの登録は不要!

XMでは、これから口座を開設する際や、既に口座を開設している方に対して、マイナンバーの登録が求められるようになっています。

国内のFX業者の場合は2016円1月からマイナンバーの提出が義務化されています。

しかし、XMからマイナンバーの登録を求められても、現在は登録する必要はありません。

登録しなくてもペナルティーを受けることはありません。

もちろん提出しても不利益を被ることはありませんが、マイナンバーは基本的には不用意に第三者に知らせる必要の無いものですから、何らかの形で義務化されるまでは登録しないことをお勧めしています。

現状では、XMへのマイナンバーの提出は義務ではなく任意です。

なぜ海外FX業者のXMがマイナンバーを求めるのか?

日本でマイナンバーと呼ばれるものは、一般的に「納税者番号」と呼ばれます。

納税者番号システムは、現在世界中で採用されているいるのが現状です。
イギリスやEU圏など特定の国に拠点を構えるFX業者は、顧客の国籍に関わらず納税番号の提出が義務化されているのです。

この理由は、マネーロンダリングや脱税を防ぐため。
顧客の損益と納税者番号をリンクさせることで、脱税とマネーロンダリングの可能性を国に報告できるようになっているのです。

と言うことは、XMでもマイナンバーを求められたら提出しないといけないように思えますが、実はここにカラクリがあります。

「XM」というブランドを運営する会社は「XM」と「XM Trading」の2社があり、日本人を対象とする「XM Trading」の拠点のあるセーシェルでは、マイナンバー提出の義務がないのです。

XM XM Trading
会社名 Trading Point Holdings Ltd Tradexfin Limited
拠点 キプロス セーシェル
対象国 EU加盟国 EU以外
ライセンス イギリス・キプロス セーシェル
マイナンバー登録の義務 必須 不要(任意)
少しややこしいのですが、XMはEU顧客用の会社とEU外の顧客用の会社の2つがあります。
元々は1つだったのですが、EU圏の規制強化に伴ってセーシェルにXM Tradingを設立した経緯があります。

ネコ侍
XMは国別に2つの会社で運営されているということは知っておきましょう!

ただし、今後マイナンバー登録義務化される可能性もある

セーシェルでマイナンバーの提出義務がないのはあくまでも現状です。

これから法律が変わって提出が求められる可能性もありますので、「一生提出する必要はないわけではない」と言うことは覚えておきましょう。

XMでマイナンバーを提出する際は、自身のマイナンバーを入力するだけでOKです。
口座開設時のように免許証等のようにわざわざ写真に撮ってアップロードする必要はありません。
おすすめの記事