AXIORYについてくまなく解説

AXIORYは非常に高いレベルでバランスが取れており、特にスキャルピングなどの短期トレーダーにお勧めしたいFX業者です。

ボーナスなどはほとんどありませんが、その分だけシステムやサーバー、スプレッドや手数料に反映しており、ハイクオリティな環境のトレードを提供することで高い評価を得ています。

AXIORYの特徴

  • スプレッドを含めた取引コストは業界最安レベル
  • 最大レバレッジ500倍でトレードできる
  • ゼロカットシステムの採用
  • MT4やMT5で取引が可能
  • 約定力が高く、リクイディティプロバイダーも公開してある
  • ボーナス等は一切ない
  • 保有ライセンスはバヌアツ

AXIORYの概要

運営会社について

運営会社名 Axiory Global Ltd.
所在地 ベリーズ
設立時期 2013年
金融ライセンス 国際金融サービス委員会(IFSC)登録番号:100022/163
日本語サポート メール、電話

AXIORYのあるベリーズは、中央アメリカのユカタン半島にあるイギリス連邦王国を構成する一つの国です。タックスヘイブン国として有名です。

ベリーズで有名なのがサンゴ礁で有名なグレート・ブルー・ホール。

とても美しく、そして恐怖心を感じさせますね。

そしてベリーズはマヤ文明のラマナイ遺跡があります。

AXIORYのサービス内容及びスペック

取扱通貨ペア数 FX61通貨ペア、貴金属4銘柄、資源5銘柄、株価指数CFD10銘柄、現物株式122銘柄、株式CFD78銘柄、ETF69銘柄
最低入金額 1,100円
最大レバレッジ 400倍
取引手数料 口座タイプに無料と有料あり
取引プラットフォーム MT4、MT5、cTrader
自動売買 可能
ロスカット水準 20%

AXIORYのメリット

4種類の口座から選べる

AXIORYでは、トレーダーの趣向に合わせて4種類の口座を用意しています。

スタンダード口座 ナノ口座 テラ口座 アルファ口座
取引形態 NDD STP NDD ECN NDD ECN 現物取引
最大レバレッジ 400倍 400倍 400倍 1倍
取引銘柄 外国為替、貴金属、エネルギー、株価指数、株式 アメリカ・欧州株式、ETF
ゼロカット 適用 適用 適用 適用
取引手数料 なし 片道3ドル 片道3ドル 片道1.5~3.5ドル
スプレッド 1.2~1.4 0.1~0.4 0.1~0.4 -
最低取引枚数 0.01 0.01 0.01 -
ロスカット率 20% 20% 20% -
自動売買 可能 可能 可能 可能
プラットフォーム MT4、cTrader MT4、cTrader MT5 MT5

口座の種類によって取引形態やスプレッド、取引ツールが異なります。
スタンダード口座はSTP形式でMT4やcTraderが利用できます。

ナノ口座とテラ口座はどちらともECN形式で取引手数料が必要ですが、これが業界トップレベルで安いです。ナノ口座とテラ口座の違いはMT4対応かMT5対応のどちらかという点のみです。

MT4やcTraderが好きな方はナノ口座、MT5波はテラ口座を利用しましょう。

そして4つの中で異質なのがアルファ口座。
これはFXなどのCFDではなくアメリカや欧州の現物株やETF専用の口座です。

日本にいながら海外の現物株を保有したい方にオススメします。

最大レバレッジ400倍でロスカット水準20%、ゼロカットで追証なし

AXIORYは最大レバレッジ400倍でトレードが出来ます。
400倍は海外FX業者の中ではそれほど大きくはありませんが、国内FX業者の最大25倍と比べると圧倒的にハイレバです。

そもそも100倍以上のハイレバでトレードする人はそれほど多くは無いと思いますので、普通のトレーダーなら400倍で十分すぎると思います。

ロスカット水準は20%ですので、それなりの含み益に耐えることが可能です。

そして、最後のセーフティーネットであるゼロカットも採用しています。
ゼロカットがあれば、もし相場の急変動が起きて証拠金がマイナスになったとしても、追証を求められることはありません。

優れた約定力と低スプレッド

AXIORYは高い約定力と低スプレッドや低手数料に力を入れている業者です。

同じコンセプトの業者としてTitanFXがありますが、AXIORYもボーナスを出すくらいなら約定力を高めたり取引コストを下げることを重要視しています。

また約定力が99.8%と非常に高く、滑り等はありません。
クリックした瞬間に約定するような感じです。

AXIORYの約定力の高さに貢献しているのがEQUINIXのサーバーです。

EQUINIXとは世界中にデーターセンターを保有するサーバー会社のことで世界中の有名企業が利用していることで有名です。AXIORYはニューヨーク、ロンドン、東京にEQUINIXにサーバーを設置しているため、約定力が高いのです。

透明性の高いレート配信

AXIORYはNDDの取引を提供しており、STPのスタンダード口座とECNのナノ口座(MT4用)、テラ口座(MT5用)があります。

STPでもECNでもDD取引と比べると圧倒的に価格の透明性が高く、業者とトレーダーの利益相反が一切ありませんのでレートずらし等はありません。

スタンダード口座用のSTPについては、海外ブローカーがリクイティブプロバイダまでを公開することは珍しいのですが、AXIORYは全て公開しています。

またECNについては言うまでもなく私設取引所に直結ですので、AXIORYがレートを操作することは一切できません。

このことから、AXIORYではどの口座を選択したとしても透明性の高いレートで取引が可能なのです。

MT4とMT5、cTraderが利用できる

AXIORYでは、口座によって以下のチャートソフトが利用できます。

  • スタンダード口座:MT4、cTrader
  • ナノ口座:MT4、cTrader
  • テラ口座:MT5
  • アルファ口座:MT5

MT4やMT5は多くの海外FX業者で採用されていますが、AxioryではcTraderも利用できます。

cTraderは非常に高機能なチャートソフトで、これまでに多くの賞を受賞しています。

MT4のようにカスタムインジケーターが揃っているわけではありませんが、使いやすく注文しやすい機能や、板情報が見れたりとチャートソフトとしての機能で比べればMT4よりもcTraderの方が圧倒的に上です。

慣れるまでに少し時間はかかりますが、普通のインジケーターやラインなどのオブジェクトを利用される場合は、cTraderを試してみることをお勧めします。かなり便利ですよ。

信託保全に対応

AXIORYは顧客の資産をDoha Bankにて分別管理しています。
しかも信託保全にも対応していますので、万が一AXIORYが破綻したとしても、顧客の資金(証拠金、未決済の評価損益)はしっかりと返金されます。

国内FX業者では信託保全が義務化されていますが、海外FX業者は分別管理してはいても信託保全までは対応していないところが多いです。

その中でAXIORYは信託保全にしっかりと対応していますので、信頼性は頭抜けて高いと言えます。

充実した日本語のサポートデスク

AXIORYは日本人の顧客のサービス向上に力を入れており、日本人のスタッフによるメールやチャットのサポートを受けることができます。

サポートの時間は以下の通りです。

  • メール:日本時間平日9時~24時
  • チャット:日本時間平日10時半~23時半

AXIORYのデリット

ボーナス等のキャンペーンは基本的には無い

AXIORYではボーナス等のキャンペーンは基本的にありません。

稀に開催されることはありますが、常時開催しているXM、Gemforex等と比べれば圧倒的に少ないと言えます。

これはAXIORYがTItan FXと同じく顧客に低コストで高品質なトレード環境を提供することに注力しているためです。

海外FX=豊富なボーナスと考えている人にとっては物足らないかも知れませんが、末永く利用できる優良業者なのは間違いありません。

 

2万円未満の入金や出金で手数料がかかる

AXIORYの最低入金額は5000円となってはいますが、2万円以下の入金については1,500円の手数料がかかります。

手数料で1500円は高いため、実質的には2万円以上の入金が求められているのだと思います。

もっと少ない入金額でトレードしたい場合は他の業者をお勧めします。

 

Jumioへの登録が必要

AXIORYで口座開設をする際に、Jumioへの登録が必須となっています。

Jumioとはカメラを使ってクレジットカード情報等を安全かつ正確に読み取るためのシステムです。登録の際には顔写真付きの身分証と自分の顔写真が必要で、登録自体はすぐに終わるのですが、少し面倒に感じる人は多いかと思います。

AXIORYのまとめ

AXIORYのメリット

  • 4種類の口座から選べる
  • 最大レバレッジ400倍でロスカット水準20%、ゼロカットで追証なし
  • 優れた約定力と低スプレッド
  • 透明性の高いレート配信
  • MT4とMT5、cTraderが利用できる
  • 信託保全に対応
  • 充実した日本語のサポートデスク

AXIORYのデメリット

  • ボーナス等のキャンペーンはほとんどない
  • 2万円未満の入金は手数料が必要
  • 口座開設の際にJumioへの登録が必要
おすすめの記事